書籍・雑誌

2011年5月22日 (日)

またまた面白い小説

先日、阿川大樹さんの小説”D列車で行こう”が面白く夢があると書きましたがこの程、やはり阿川大樹さんの”幸福な会社”と言う小説を読みたいへん面白かった。

私も結構歳ですがこの本の中で将来やってみたいことのヒントがあったように感じました。

今の趣味にいろいろ拡張して行けたらと思っています。

2009年12月 5日 (土)

面白い本でした。

”ドレスを着た電信士 マ・カイリー” 

アメリカの女性電信士について書いた面白い本でした。

女性ながら電鍵を片手に放浪しながら電信士を職業にしていたマ・カイリー(ニックネーム)の物語。

私が男性のためか放浪をしながら専門職で生きていくというのに憧れてしまいます。もっとも、実際の生活は大変だったと思います。

その他のカテゴリー