« 政治家に贈りたい言葉 | トップページ | 余りのんびりもしていられないなー »

2018年5月 2日 (水)

酒と小説

秋川滝美さん小説「居酒屋ぼったくり」が面白い。
元々はweb小説らしいが単行本で9巻まで出ているようだ。
私は年金生活者なので仕込誌でも安く文庫本を買っているが文庫はまだ2巻までしか出ていない。
早く次の本が出てほしい!
 
この本では実際にある蔵元などのメーカーやお酒(日本酒、焼酎、ウィスキー、ビール、その他)が出てくる。
飲んでみたい酒、昔を思い出す酒、等々・・・
また、料理も食べてみたいと思うものばかりだ!
大根の葉っぱは良く食べたが、人参の葉っぱが出てきて食べてみたいと思った!
直接ではないが昔を思い出す酒や料理。
小説の中で起こる出来事など非常に面白い。

« 政治家に贈りたい言葉 | トップページ | 余りのんびりもしていられないなー »

生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/469046/73412854

この記事へのトラックバック一覧です: 酒と小説:

« 政治家に贈りたい言葉 | トップページ | 余りのんびりもしていられないなー »